福山南ロータリークラブ

Introductionクラブ紹介

会長あいさつ

2020-21年度
第57代会長

松本猛

福山南ロータリークラブ57代会長、松本です。私が今年59歳になりますので私が2歳の時にすでに創立された歴史あるクラブの会長となり期待と緊張の1年になると思います。
本年度は、コロナウイルスの影響で、東京オリンピック、パラリンピックの延期、各種イベントの自粛、本業である仕事にも大きな影響が及ぼす皆が初めての危機に直面しました。
我がクラブもやっと2か月以上の休会後、再開、新年度を迎える事が出来ました。
福山南ロータリークラブの本領を発揮すべく久しぶりの元気な再会を喜び、苦しい現状を皆で共有して乗り越える仲間がここには沢山いることに改めて感じることが出来ました。
仲間を思いやる気持ちと同じように、海外、国内を問わず困っている人々、団体に対して奉仕と思いやりの気持ちで何かが出来るクラブに成れたらと思います。
もちろんその為に自分が楽しみ、皆が楽しめる、全員が参加できるクラブにしたいと思います。
新しい仲間も随時募集中です。色々な新しい事(奉仕、スポーツ、事業、宴会)にチャレンジしたい方、変なコンサルに相談するより楽しい話が聞けますよ。連絡お待ちします。

■福山南ロータリークラブ運営方針

クラブテーマ  「多様性と調和」
前年度のテーマ「増強と革命」により沢山の新入会員の獲得に成功したと思っております。
そして会員が増える楽しみと同時に、年齢、性別、職種、等の違いによるギャップ、意見の相違等も起きると思われます。ロータリークラブに対する思い、考え方、目標に対してそれぞれの立場、得意分野からの沢山の意見(多様性)を募り、一人一人の意見、アイディアを聞き、コミュニケーションを取り互いを認め合い知恵を集めて、(調和)より良い結果を求められるクラブにしたいと思います。

■クラブにおいて達成すべき目標
・会員増強(純増3人以上)
・ロータリー賞へのチャレンジ
・ロータリー財団支援
① 年次基金 150 ドル以上/人
② 恒久基金 ベネファクター1 名以上/クラブ、又は1,000 ドル以上/クラブ
③ ポリオプラス基金 35 ドル以上/人
④ ロータリーカードの理解と普及
⑤ 地区補助金特別プロジェクトの推進
・米山記念奨学会支援 16,000 円以上/人
・RI 人頭分担金 69 ドル/人
・地区関係負担金 26,400 円/名
・マイロータリーの登録と活用を促す

■地区内主要行事
・PETS&地区チーム研修セミナー 2020年3月15日(日)ホテルグランヴィア広島 中止
・地区研修・協議会 2020年5月17日(土)広島国際会議場 中止
・地区大会 ※日程変更
会長・幹事会
2021年5月15日(土) 防府グランドホテル(予定)
本会議・懇親会
2021年5月16日(日) 防府市公会堂・キリンレモンスタジアムソルトアリーナ(予定)

■国内主要行事
・日本のロータリー100周年記念式典(2020年11月24日予定)東京

■海外関連主要行事
・RI第3690地区大会(姉妹地区) 未定
・国際ロータリー第112回年次大会 2021年6月12日~16日 台北

<各部門別活動内容>

■会員組織部門
・会員増強(純増3人以上)
・現会員の維持支援(退会防止対策、新会員への対応、例会の充実)
・多様な業種及び女性会員、若い会員の入会を推進
・小規模クラブへの支援(合同例会、他クラブと連携した奉仕活動)
・ロータリー情報
RI及び地区情報を例会・週報等で提供する
インフォーマルミーティングを開催し、ロータリーの知識を深める

■クラブ広報部門
・雑誌紹介
毎月、「ロータリーの友」「ガバナー月信」を紹介する
「ロータリーの友」への投稿を会員に促す
・会報・資料保存
例会・年間行事・各委員会・同好会等の活動を週報に掲載する
クラブの活動状況をホームページに掲載する
・「My ROTARY」への全員登録

■クラブ管理運営部門
・出席
メーキャップ情報をメール・SNS・ファックス等で伝える
各イベント情報を関係委員会と連携し伝える
・プログラム
各委員長による活動報告
働く女性を中心に卓話に招く
・親睦
第一例会・納涼家族例会・先達の会・合同ゴルフ大会・クリスマス例会・新年例
会・花見例会・最終例会

■奉仕プロジェクト部門
・職業奉仕
ロータリアンの職業奉仕理念の再確認
職業スキルを活かした奉仕活動の推奨(職場例会、卓話等)
・社会奉仕
ボランティア団体を例会に招き、活動状況を聞く
ロータリー財団委員会と連携し、地区補助金を利用した奉仕活動の立案
・国際奉仕
姉妹クラブの台湾新竹北RCとの交流を各会員に促す
グローバル補助金を利用して国際奉仕を計画、実行する
国際大会(台湾、台北)への参加
世界社会奉仕コインボックスの参加を月1回実施する
・青少年奉仕
中学生主張大会・山陽新聞主催サッカー大会・小学生発明くふう展参加
RYLA参加

■財団部門
・ロータリー財団
ポリオ・プラスへの支援 35ドル/1名以上
年次基金 150ドル/1名以上
恒久基金 ベネファクター 1名以上/クラブ、または 1,000 ドル以上/クラブ
・米山記念奨学会事業についての理解促進
寄付目標:1人16,000円以上 特別寄付への協力推進
奨学生の受け入れ支援
世話クラブ・カウンセラーへの支援
・コインボックスによる募金

クラブ理事

会 長 役員 松本 猛
会長エレクト 役員 髙橋 敦
副会長 役員 三吉 孝治
幹 事 役員 寺岡 宏昭
会計・副幹事 役員 松本 知
会員増強 理事 瀬来 和男
公共イメージ 理事 今田 光昭
クラブ管理運営 理事 三吉 孝治(兼任)
職業奉仕 理事 村上 泰宣
社会奉仕 理事 笹野 陽介
国際奉仕 理事 杉崎 裕之
青少年奉仕 理事 森 晃一
財団部門担当 理事 近本 陽一
S.A.A. 役員 梶原 正己

委員会

CLP委員会 前年度会長、会長、会長エレクト、副会長、幹事、副幹事
戦略計画委員会 パスト会長、パスト幹事、会長、会長エレクト、副会長、幹事、副幹事
次年度対外プロジェクト検討委員会 会長、会長エレクト、副会長、補助金管理者(幹事)、次年度幹事、次年度奉仕プロジェクト部門長、R財団委員長
事務局運営委員会 会長、会長エレクト、幹事、副幹事、事務局
福山南ロータリークラブ組織図




Newsお知らせ

お知らせ一覧へ